MENU

包茎の種類の正しい見分け方とは?

 

「包茎」で悩んでいる男性は多いです。とはいえ、「包茎」とはどんな状態のことをいうのか詳しくご存じですか?一言で説明すると、包茎とは「大人になっても包皮が亀頭を被っている」状態のことをいいます。そんな包茎の種類は一つではありません。「自分は包茎だ」と悩んでいる人は多いものですが、「自分の包茎の種類」まで知っているという人はあまりいないのです。包茎を治療するためには、まずは「自分の包茎の種類や状態」を知ることから始めなければいけません。そこで、三つの包茎の種類と、その見分け方についてお話ししたいと思います。

 

包茎には仮性・真性・カントンの三種類がある

 

仮性包茎

日本人の包茎のほとんどを占めているのが、この仮性包茎です。手でむいたり勃起するとすぐに亀頭が出る軽いものから、勃起しても少ししか亀頭が出ない比較的重いものまであります。

 

真性包茎

仮性包茎が「わりとすぐに亀頭が出る」のに対し、真性包茎は平常時なら「なんとか亀頭が出せる」状態です。包皮の出口が狭いため、勃起してしまうと亀頭を出すのは困難と言わざるをえません。無理にむくと元に戻せなくなったり、大きく腫れてしまうこともあるようです。

 

カントン包茎

包茎の中でももっとも少なく、もっとも重症なのが、このカントン包茎です。包皮口が非常に狭い上、亀頭と包皮が癒着しているために手でむくことはできません。亀頭の成長を阻害してしまいますし、カントン包茎の場合は正常のセックスは不可能です。

 

このように、「包茎」はその状態によって三つに分けることができます。自分の包茎がどのタイプに当てはまるのか、分かりましたか?包茎の種類によって、治療法ももちろん変わります。自分の包茎は手術が必要なのか、治すことができるのか、一人で悩んでいても答えは出ませんよ。しっかりと経験豊富な専門家のアドバイスを受けましょう。

 

次のページでは、包茎手術で気になる費用や体験談についてご紹介します。