MENU

包茎手術の体験談はどう?

 

「包茎」は、男性にとって一生を左右するほどの重要な問題です。セックスのときに女性にどう思われているのか不安になり、恋愛に消極的になってしまう人も少なくありません。しかも悩みが「包茎」というデリケートな場所であるため、たとえ親しい友人でも相談しにくいですよね。一人で悩んでいる人も多いです。

 

包茎の治療といえば、そのほとんどは「手術」です。手術というだけで不安になりますし、場所が場所なだけに痛みなども気になりますよね。そのことがネックになって、治療に踏み出せない人もいるかもしれませんね。そこで、実際に「包茎手術を受けた」という人の体験談を、いくつかご紹介しましょう。

 

包茎手術の体験談は?

 

  • 日帰りで、しかも一時間くらいで終わるので誰にもバレずに手術ができた。一時間とは思えない自然でキレイな仕上がりで、非常に満足している。
  • 男性スタッフやドクターが親身になって相談にのってくれたので、安心して手術に臨めた。麻酔の痛みもなく、手術を受けて良かった。
  • 術後のアフターケアや相談を無料でしてもらえるのは、やはり専門クリニックならではだと思う。手術も不安だが、術後もいろいろ不安のある包茎手術だからこそ、アフターケアの充実しているクリニックを選んで良かった。
  • 彼女とセックスをしたとき、「腐ったチーズの臭いがする」と言われ…その一言がトラウマになり、セックスを楽しめなくなってしまった。このままじゃヤバイと思い、包茎手術を決意。手術自体は痛みもなくすぐに終わり、自分にも自信が戻った!新しい彼女とは、セックスも楽しめている。

 

など、「クリニックでの包茎手術」で良かったという人がたくさんいます。包茎であることを彼女に指摘され、それがきっかけで手術に臨んだという人もいるようです。一度指摘されるとトラウマにもなりかねないデリケートな問題ですから、できるだけ早く専門のクリニックへ相談へ行くと良いですね。

 

評判や実績の高いクリニックには、「上野クリニック」や「東京ノーストクリニック」などがあります。どちらも相談は無料でできますし、仕上がりもキレイなのでおすすめですよ。包茎で悩んでいる人はあなただけではありません。これからの人生を楽しく過ごすためにも、勇気を出してこれらのクリニックに相談へ行ってみてください。

 

上野クリニックの公式サイトはこちら

 

東京ノーストクリニックの公式サイトはこちら

包茎手術にかかる費用は?保険は適用される?

 

包茎で悩んでいる人が治療に踏み出せない理由のひとつが、「包茎手術にかかる費用」ではないでしょうか。だいたいいくらくらいかかるのか、はもちろん、あとから高額を請求されないか、などはとても心配ですよね。もしも悪質なクリニックで莫大な費用を請求されたとしても、「包茎手術」ということを誰かに話すのは嫌ですよね。そのため、泣き寝入りしてしまうケースも少なくないといいます。そんなことにならないよう、安価でキレイな仕上がりのクリニックを選ぶことが大切です。

 

相場はだいたい10万円前後

 

専門のクリニックでの包茎手術にかかる費用は、だいたい10万円前後だと言われています。ただしクリニックによっても差はありますし、手術内容によっても変わります。ここでは、包茎手術の実績の高い「上野クリニック」「ABCクリニック」「東京ノーストクリニック」の大手包茎クリニックについて、主な包茎手術の費用をご紹介します。

 

上野クリニック

 

ナイロン糸による環状切開は7万2000円、吸収糸による環状切開は10万円です。

 

上野クリニックの公式サイトはこちら

 

ABCクリニック

 

真性包茎、カントン包茎の手術費用は15万円、仮性包茎なら3万円です。追加料金は一切なく、30%オフキャンペーンなども行っています。

 

ABCクリニックの公式サイトはこちら

 

東京ノーストクリニック

 

切らない治療は3万円、吸収糸による環状切開は7万円です。切って治す手術なら、Webからの予約で1万円引きになるのも嬉しいですね。

 

東京ノーストクリニックの公式サイトはこちら

 

 

この三つのクリニックは、他院からの「修正治療」も行っています。他のクリニックでの手術に不満があるときに、文字通り「修正」するたの手術になります。普通の手術と比べて費用は高額になります。できるだけ費用は安く抑えたいものですから、最初から「修正治療のいらないクリニック」を選ぶと良いと思います。

 

費用が安いことももちろん重要ですが、包茎手術はデリケートな問題なので「技術の高さ」もポイントになりますよね。費用だけにとらわれず、アフターケアやカウンセリングの点も視野に入れて、クリニックを選びましょう。

 

包茎手術に保険は適用される?

 

包茎の治療は、「手術」になることが多いです。もちろん包茎の種類や状態にもよるのですが、包茎の多くは「何らかの理由で包皮から亀頭が出てこない」ことが原因だからです。包皮を切ることで、比較的すぐに包茎は治すことができるのです。
さて、「包茎手術」をするにあたって気になるのが、その「治療費」ですよね。できるだけ安く済ませたいと、誰もが思うものです。一般的な手術であれば健康保険が適用されますので、わたしたちが負担するのは三割ですみます。では、包茎手術の場合はどうなのでしょうか。

 

泌尿器科での手術なら保険適用となるものもある?

 

結論から言いますと、保険適用となる包茎手術もあります。それは「真性包茎」と「カントン包茎」の手術を「泌尿器科」で受ける場合です。これ以外の包茎手術は保険適用にはなりません。日本人男性にもっとも多い「仮性包茎」は病気とは認定されていないため、泌尿器科であっても保険は適用されませんので注意が必要です。保険が適用されれば手術費用は約2万円から5万円ほどに抑えることができますよ。

 

もちろん泌尿器科での真性包茎、カントン包茎の手術は「費用」の面だけでみれば、メリットが大きいように見えます。しかし、包茎はデリケートな問題ですから、費用だけで選ぶのはおすすめできません。泌尿器科には包茎手術の専門医はいませんし、年間治療件数もごくわずかです。そのため、仕上がりがキレイではないなどのトラブルが多いのです。包茎を治すだけではなく、見た目も重要ですよね。泌尿器科での手術後はぺニスがツートンカラーになってしまったり、皮に柔軟性がなくなって感度が悪くなるなどのトラブルも報告されているのです。

 

ですから、包茎手術は保健は適用にはなりませんが、専門クリニックで受けることをおすすめします。「上野クリニック」や「東京ノーストクリニック」では安心の明瞭会計である上、術後のカウンセリングは無料です。仕上がりにもこだわっていますので、泌尿器科での手術よりはメリットが大きいのではないかな?と思います。

包茎手術は失敗することもある?

 

「包茎手術」を受けようと決意するまでには、人それぞれ様々な葛藤があったことでしょう。自分のぺニスを見せることは恥ずかしいですし、包茎手術をするなんて誰にも知られたくないですよね。その上痛みがあったらどうしよう、明らかに手術をしたとバレるような仕上がりだったら…と不安は尽きません。

 

そんなデリケートなものだからこそ、「失敗しない」ようにしたいと思いますよね。包茎手術を失敗しないようにするには、やはりクリニック選びが最重要になるでしょう。ここでは、包茎手術の「失敗例」にはどんなものがあるのか、紹介したいと思います。

 

包茎手術の失敗例にはこんなものがある

 

まず、包茎手術の失敗例は、大きく分けて「見た目」と「機能面」の二つがあります。
見た目の失敗例としては、

 

  • 一目見て「手術をした」と分かるような傷跡が残っている
  • ぺニスがツートンカラーのようになった

 

ぺニスは人と見せ合うものではありませんが、セックスのときやトイレで用をたすときなどに、人の目を気にしてしまいますよね。

 

次に機能面での失敗例には、

 

  • 縫いあとによる突っ張り感
  • 感度の低下
  • 尿が四方八方に飛び散る
  • 性感帯切除による勃起不全

 

このような機能面の失敗は、高度な技術を必要とする「亀頭直下埋没法」での手術に多く見られます。仕上がりは非常にキレイなのですが、リスクも高いのです。「環状切開法」のほうが、リスクは少ないと言われています。

 

環状切開法での手術をメインにしている「上野クリニック」や「東京ノーストクリニック」では、キレイな仕上がりを心がけて手術を行っています。ただ包茎を治すだけではなく、自然にむけた人と区別がつかないような、自然な仕上がりだと評判ですよ。いくら包茎手術のじっせきや評判の高いクリニックであっても、100%成功するとは限りません。もしかしたら失敗するかも…というのは、どのクリニックにもあることです。カウンセリングや術後のアフターケアを無料で行ってくれるところなら、万が一仕上がりにも不満があったとしても、安心できるのではないでしょうか。

 

上野クリニックの公式サイトはこちら

 

東京ノーストクリニックの公式サイトはこちら

包茎治療の口コミが気になる!

 

包茎で悩んでいる人はたくさんいます。そしてその中の多くは、様々な理由から包茎治療を受けることをためらっているそうです。確かに、包茎治療を受けるためには詳しく話をしなければなりませんし、実際に自分のぺニスを見せなければなりません。このことに「まったく抵抗がない!」という人は、おそらくいないのではないでしょうか。しかし包茎は、放っておいて自然に治るものではありません。できるだけ早く治療を受けることをおすすめします。包茎治療に対する不安を少しでも取り除けるよう、ここでは「包茎治療の口コミ」をご紹介します。

 

包茎治療の口コミ

 

包茎治療に定評のある「上野クリニック」「ABCクリニック」「東京ノーストクリニック」の三つのクリニックの口コミを紹介したいと思います。

 

東京ノーストクリニック

 

  • 痛みらしい痛みもなかった
  • あっという間に終わった
  • 術後のアフターケアに24時間対応していることが決め手になった
  • カウンセリングが丁寧で親切だった

 

東京ノーストクリニックの公式サイトはこちら

 

ABCクリニック

 

  • 電話対応が一番丁寧だった
  • 症例写真をたくさん見せてもらい、自分に最適な手術方法を教えてもらえた
  • こちらが納得するまで説明をしてくれるので、安心して手術に臨めた

 

ABCクリニックの公式サイトはこちら

 

上野クリニック

 

  • スタッフがすべて男性なので、安心して悩みを打ち明けられた
  • 丁寧な対応で良かった
  • 痛みもなくすぐに手術は終わった

 

上野クリニックの公式サイトはこちら

 

など、どのクリニックも「痛みがない」「安心感」「丁寧な対応」などを高く評価しています。手術後の仕上がりにも満足している人が多いのも特徴です。手術をしたとは分からないような自然な仕上がりは、包茎治療・包茎手術でためらっている人の強い後押しとなることでしょう。

 

治療に行くのは恥ずかしいですし、とても勇気のいることだと思います。しかし、包茎で悩んでいる人はあなただけではありません。全国で多くの人が包茎に悩み、治療への一歩を踏み出した人だけが「新たな人生」を歩んでいるのです。あなたもこれらの口コミを参考に、まずは電話やメールの無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

包茎手術後は、どうやって過ごす?

 

「包茎」を治療するためには、やはり「手術をする」ことが一般的です。手術をすれば、包茎は簡単に治すことができます。とはいえ、やはり「手術をする」と決めるまでにはいろいろ悩むものです。包茎を含むぺニスの問題は、男性にとっては一大事であり、非常にデリケートな問題だからです。

 

包茎手術をしようと決めたら、おそらくみなさん「術後の流れをシミュレーション」するのではないでしょうか。入院は必要なのか、手術は何時間かかるのか、痛みはないかということから、シャワーやお風呂はいつから入れるのか、トイレはどうなのか、スポーツやセックスは、などなど…たくさん疑問もあれば不安もありますよね。そこで、「包茎手術後の過ごし方」についてお話ししたいと思います。

 

包茎手術後の一般的な過ごし方

 

もちろんクリニックの方針や手術の種類、経過には差がありますので、ここでは「包茎手術後の一般的な過ごし方」についてお話しします。

 

包茎手術は日帰りでOK、手術に要する時間は一時間未満というところが多いです。手術前の診察を入れても、一時間あれば終わります。術後は安静にし、傷口が自然に塞がるのを待ちましょう。傷口を濡らさないようにすれば、シャワーは当日から入ることができますよ。アルコールは手術後一週間、スポーツは約一ヶ月ほどは我慢してください。そして男性にとっては非常に重要な問題でもあるセックスは、スポーツ同様一ヶ月後から行えるようになります。マスターベーションも一ヶ月は我慢しましょう。吸収糸を使っているのなら、傷口が塞がってしまえば日常生活は今まで通り行うことができるでしょう。

今は痛みもなく、仕上がりも手術をしたとは分からないほどキレイなことが多いです。「上野クリニック」では一人一人に合わせた治療法を提案し、安全性の高い手術を行っています。もちろんアフターケアや術後のトラブルなどの相談はいつでも無料で行っていますよ。もしも手術後に何かしらのトラブルが起こったときも、上野クリニックのようなところなら安心ですね!

 

上野クリニックの公式サイトはこちら